スポンサーリンク

 

 

今、この時も世界にあるディズニーランドでは世代を超えて多くの人が楽しく過ごしています。

そのディズニーランドの創始者であるのが、ウォルト・ディズニーです。

ウォルト・ディズニーは、まず映画を作ることから始めています。

大人も子どもも、同じように楽しめる願いを込めてできたのがディズニーランドです。

このウォルト・ディズニーは、数多くの名言を残しています。

名言から、ディズニーランドに対する夢が溢れています。

その中には、ディズニーランドの原点ともいえる名言に「与えることは最高の喜びだ。他人に喜びを運ぶ人は、自分自身の喜びと満足を得る」というものがあります。

何かを与えることを、自分の喜びにするという考えは現在のディズニーのお客様をゲストとすることに通じています。

スポンサーリンク

 

 

そして、有名な名言が次になります。

「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」というものです。

永遠の未完成ということばで、ディズニーランドでは誰もが知っている名言です。

これに続くのが、「現状維持では、後退するばかりである」というものです。

いつも未来を見つめ、失敗をすることを恐れずにいくことを話しています。

時間だけは、誰にも平等にあります。

与えられた時間を、人生の中でどう活かすことが自分にいいのか見つめなおすことも大切です。

しかし、名言の中には、「何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない」と言っています。

言い訳をせずに、まずは自分が夢に向かい動くことが一番重要としています。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ