スポンサーリンク

 

 

関東近郊でスキーやスノーボードをやるならどこがいいか。関東近郊で人気のゲレンデといえばガーラ湯沢を挙げる人も多いです。雪国・新潟ならではの良質な雪と大自然のパノラマが魅力のガーラ湯沢ですが、人気の理由としてもう1つあげられるのがアクセスの良さ。スキー場の営業期間である冬のみ利用できるガーラ湯沢駅は、改札を出ると目の前はもうゴンドラリフト乗り場です。スキー板やスノーボードのレンタルもありますので、手ぶらで行っても大丈夫です。

上越新幹線・ガーラ湯沢駅へは東京駅から最速77分。新幹線の車内にはスキーの板やスノーボードを置ける荷物置き場も完備されていますので、座席に大荷物を持ち込まなくてもいいのは嬉しいですね。新幹線直結ゲレンデなので、スキーシーズンになるとJR東日本からリフト券付きのお得な乗車券も発売されます。ガーラ湯沢駅にはSPAガーラの湯という温泉もあり、スキー場で楽しんだ後は温泉でリフレッシュも可能です。

気をつけたいのは青春18切符や北海道&東日本パスでの利用。越後湯沢までは行けますが、そこからガーラ湯沢駅までの区間はフリーエリア対象外のため、乗車券と特急券が別途となります。別途といっても乗車券・特急券含めて240円ですので、在来線でちょっと行くくらいの感覚と思えば、そんなに高いものではありませんのでご安心ください。

駅から近く、思い立ったらすぐ行けるのがガーラ湯沢のいいところ。都心から日帰りもラクラクです。アクセスの良さと良質な雪で人気のガーラ湯沢で楽しい冬の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ