スポンサーリンク

 

 

六甲山には数多くの登山コースがありますが、今回は初めて山登りをするという方におすすめのルートをご紹介します。

この登山コースは布引の滝から出発して市ケ原を通り再度(ふたたび)公園へ。

そして大師道、ビーナスブリッジを経て諏訪山公園でゴールするもので、なだらかな行程ながらも六甲山の自然を存分に味わうことができます。

スタート地点の布引の滝までは神戸市営地下鉄新神戸駅から徒歩10分ほどで着きます。

この滝は古くから和歌に詠まれた名瀑で日本三大神滝(しんたき)の一つに数えられています。

ここでマイナスイオンをたっぷり浴びてエネルギーチャージしたら出発です。

ここから布引貯水池を経て市ケ原へ。ここの川原では昼食をとったり川遊びをしたりと多くの登山客が楽しんでいる姿が見られます。

スポンサーリンク

 

 

さらに歩をすすめると折り返し地点の再度(ふたたび)公園に。再度(ふたたび)山とはその昔弘法大師が二度登ったことからその名がつけられました。

この公園では修法ヶ原池の美しい景観が楽しめます。紅葉の時期など絶好ですね。

さて、ここから善助茶屋跡を通って大師道へと下っていきます。この道は川沿いで、途中には猩々池という江戸時代の人工池があります。

さらに下っていくと神戸の観光スポットにもなっているビーナスブリッジが見えてきます。

ここからは神戸の街が一望でき、昼間もすばらしいですが、
なんといっても夜景が美しいので別の機会にまた訪れてみてはいかがでしょうか。

ここからさらに下って諏訪山公園へ着くとゴールです。

帰りはここから市バス7系統に乗るか、あと10分歩いて神戸市営地下鉄の県庁前駅へ。

なお、このコースで登山初心者で平均体力の大人で行きが2時間ほど、下山が1時間半ほどの全3時間半ほどの行程になります。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ