スポンサーリンク

 

 

溶連菌感染症は溶血性連鎖球菌に対する感染症であり、春から夏の時期と冬の時期に流行しやすいことが知られています。

年齢層として小児が感染しやすいということがよく知られているものの、大人にも感染を起こすことから家族の間で感染が広がってしまうこともあるのが特徴です。

特に5歳頃から感染が多く見られるようになることから、そういった年齢になった頃には両親が注意して見てあげることが大切になります。溶連菌感染症の症状として典型的なのは高熱とのどの痛みであり、風邪と勘違いしてしまうことも少なくありません。

しかし、のどの腫れがひどくなりがちであることや、咳や鼻水などの症状がないことから風邪とは区別することができます。また、特徴的な症状として全身への発疹の発生やイチゴ舌があります。

スポンサーリンク

 

 

イチゴのようにブツブツとした腫れが舌にできるため、これをもって溶連菌感染症であるということを判断することもできます。

しかし、すべての症状が同時に発生するわけではないため、最終的には医師の診断を仰ぐことが大切になります。

現在ではのどから菌を採取することによって迅速に検査を行える検査キットがあります。

そのため、医師を受診していくつかの症状から溶連菌感染症が疑われれば速やかに検査が行われ、陽性と診断されると抗生物質による治療を受けることができます。

発熱やのどの痛みは抗生物質の投与を始めれば2日から3日程度でひけてしまうことから、溶連菌感染症が疑わしいと感じられたときには躊躇せずに医師を受診して検査と治療を行っていくということが大切です。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ