スポンサーリンク

 

 

溶連菌感染症は子供に多い感染症の一つであり、正しく治療を行って完治させないと合併症のリスクも有る危険な感染症です。

咽頭炎や扁桃腺炎を引き起こすのが最も特徴的な症状であり、発疹やイチゴ舌が見られるのも特徴的な症状として観察されます。溶連菌感染症の治療方法として基本となるのは抗生物質の投与による治療です。

始めにのどの発赤や発疹、発熱などから溶連菌感染症の疑いがもたれた場合には、のどの粘膜から菌を採取して検査を行います。そして、溶連菌感染が陽性と判断されると抗生物質が処方されて薬物治療が行われていくというのが治療方法です。

この治療方法において注意しなければならないのが抗生物質の服用期間です。服用開始から終了までは基本的には10日間飲み続けるということが必要になります。

スポンサーリンク

 

 

通常、数日間で熱が下がり、喉の痛みなどもなくなって回復したかのように感じてしまいます。

しかし、その時点では症状が緩和しただけでまだ溶連菌感染が続いている状態であり、その時点で抗生物質の投与をやめてしまうと再発のリスクがあります。

また、抗生物質に対する耐性をもった溶連菌が発生してしまう危険性を高めてしまうことから、たとえ症状が改善したとしても10日間は飲み続けるということが大切になります。

抗生物質による治療方法で気をつけなければならないもう一つの点は、稀に耐性をもっている溶連菌に感染してしまっている場合もあるということです。

そのため、数日間で熱が下がってこない場合には医師に再度相談して抗生物質の変更をするのが良い方法となります。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ