スポンサーリンク

 

 

溶連菌感染症は小児時期に多い感染症であり、冬や春から夏の時期に流行を起こします。

その原因菌となっているのは溶血性連鎖球菌であり、感染によって咽頭炎や扁桃腺炎を起こし、発熱やのどの痛みを訴えるようになるのが特徴です。

他の感染症との違いとしてイチゴ舌や全身の発疹が見られるという点があり、それをもとにして医師が溶連菌感染症を疑うようになることもよくあります。

溶連菌感染症の予防をするためにはその感染経路を断つことが大切です。

インフルエンザウィルス感染の予防についてはよく知られるようになりましたが、インフルエンザウィルスに対する感染と同様に飛沫感染を起こすのが最も多い感染経路となっているのが溶血性連鎖球菌に対する感染です。

スポンサーリンク

 

 

そのため、予防をする上ではインフルエンザと同様の対策を取っていくことが基本となります。

手洗いやうがいを励行したり、マスクを着用するというのがその基本となります。

また、冬の乾燥した時期の場合には部屋の湿度を保つように加湿器を利用したり、空気清浄機を利用することも効果を期待できる予防法です。

ただし、インフルエンザウィルスやその他の感染症のように有効な予防接種はないことには留意が必要です。また、小児時期に多い感染症ではあるものの、成人や高齢者、乳児などにも感染することがある感染症です。

そのため、家族が溶連菌感染症になった場合には食器などを介して経口感染が起こらないように食器の共有を避けたり、飛沫感染が起こりにくいように換気をよくしたりするといったことも行っていくことが大切です。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ