スポンサーリンク

 

 

溶連菌感染症はのどの痛みや発熱、発疹といった症状を典型的とする病気であり、5際から15歳程度の子供がかかりやすいという特徴があります。

のどの腫れが激しくなることが多く、それによる痛みが我慢できずに医者にかかることになることが一般的です。

風邪と誤解することも多いものの、咳があまり見られないことや発疹があることから医師は溶連菌感染症を疑うようになることが多く、適切な検査を行って診断をしてもらうことができます。

溶連菌感染症の原因となっているのは溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌の一種であり、主には菌の保持者のくしゃみやつばなどの飛沫を介して感染が広がります。

接触感染や経口感染もあることが知られているため、食器の共有を介して家族の中で感染が広がることもしばしばあります。

そういった形で発症の原因となっている溶血性連鎖球菌が体内に入ることによって溶連菌感染症にかかってしまうことになります。

スポンサーリンク

 

 

そのため、治療においては原因となっている溶血性連鎖球菌を死滅させることが必要になります。

その際に用いるのが抗生物質であり、医師の診断を受けて処方してもらうことができます。

抗生物質の使用を始めると数日の間に症状はおさまりますが、多くの抗生物質の場合には10日間の使用をする必要があります。

症状がおさまっても溶血性連鎖球菌がまだ体内には残っているからであり、完全に死滅させるにはそれからもしばらくの期間は抗生物質での治療を続けることが不可欠だからです。

そうすることによって溶連菌感染症の原因を完全に取り除いて再発のない治療を達成できます。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ