スポンサーリンク

 

 

溶連菌感染症は幼児から小児の時期によくかかる感染症の一つであり、のどの痛みを訴えて発覚するというのが典型的です。

その他にもイチゴ舌や発疹、発熱といった症状が出ることから多くのケースでは医師を受診することになり、適切な検査を受けて感染の有無を診断してもらうことになります。

溶連菌感染症は溶血性連鎖球菌に対する細菌感染症であり、潜伏期間が2日から5日程度あることから、感染源に接触してからしばらくして発症するということは理解しておくことが大切です。

溶連菌感染症が発症してしまった場合でもそれほど心配する必要はなく、薬として適切な抗生物質を投与することによって治療することができます。

スポンサーリンク

 

 

有用な薬としてペニシリン系の抗生物質が最もよく用いられ、10日程度の投与を続けることによって完治することができます。

セフェム系の抗生物質もまたしばしば利用され、種類によっては5日程度の短い期間の投与で済むのがメリットとなっています。

ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にはアレルギーを持つ人も多く、頻用されているために耐性をもつ溶連菌も存在しています。

そういったケースで最もよく用いられる薬がマクロライド系抗生物質です。

しかし、日本国内ではマクロライド系抗生物質に対して耐性を持つ溶連菌の報告も多く、効果があるかを正しく判断することが大切です。

飲み始めてから数日で発熱がひけたり、のどの痛みがなくなるのが一般的であり、それが見られない場合には医師に相談して薬の変更をしてもらうと溶連菌感染症の治療を速やかに行えるようになるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ