スポンサーリンク

 

 

フェイスブックの機能の中には、利便性を向させる有益性がありながら、意外と知っている人が少ないものあります。中でも、フェイスブックをより良く活用しやすくなる便利機能として3つを挙げられるでしょう。

1つ目は、利用環境を整える機能です。例えば、消してしまった記事の復活や、広告の削除、より多くの人に記事を見てもらえる投稿タイミングの調査等、フェイスブックをより上手く使える機能があります。

消してしまった記事を復活させるには、設定ページで「Facebookデータをダウンロード」を選択しましょう。次に、アーカイブを開始ボタンを押します。最後に、パスワード入力を済ませて送信ボタンを押しましょう。これで、消してしまった記事のデータへのリンクを辿れるメッセージが送られてきます。

広告を削除するには、いいね!の隣にある「下矢印ボタン」を押しましょう。メニューが表示されますので、一番上にある「広告を表示しない」を選択すれば、該当する広告を非表示にできます。

より多くの人に記事を見てもらいたい時は、ページの上にある「インサイト」を押し、更に「投稿」を押します。こうすると、「ファンがオンラインの時間帯」セクションを閲覧できます。このデータは自分の記事にいいね!をつけてくれたユーザーが、フェイスブックを使う時間帯だけでなく、曜日もチェックできます。データを上手く活用すると、多くの方に記事を見てくれそうなタイミングで記事を投稿できるでしょう。

2つ目は、ユーザー間の交流に役立つ機能です。例えば、いいね!アイコンの少し変わった使い方があります。フェイスブックでは閲覧した記事を見て、特に素晴らしいと思った時に、いいね!ボタンを長く押し続けてみましょう。こうすると、いいね!アイコンが大きくなり、投稿者により大きな感銘を受けた事を伝えられます。

スポンサーリンク

 

 

また、気になるユーザーに反応してほしいときは、Pokeをしてみましょう。ホーム画面の「アプリ」から「Poke」を選ぶと、Pokeができる候補がリストアップされます。Pokeしたい人を選べば、相手には誰からPokeがあったかが通知されるでしょう。親しい仲間の間で少し挨拶をしたい時はもちろん、「友達の友達」にコンタクトを取るきっかけとしても利用できます。

3つ目は、フェイスブックメッセンジャーの活用法です。メッセンジャーの機能はチャットだけではなく、無料電話やフェイスタイムのようなビデオ通話としても使用できます。もちろん、お互いが電話番号を通知していなくても、フェイスブックユーザー同士であれば電話や通話が可能です。チャット用のソフトとしての認識や評価が多いものですが、2015年の追加で、より便利なアプリとして活用できるようになっています。

これらの様なフェイスブックの便利な機能を活用すれば、プライベートやビジネスでの利用をより良くしていく事ができるでしょう。こうした機能はフェイスブックの技術発展に伴って随時追加されていきますので、活用できるものがないか時々チェックをしておくと良いものです。フェイスブックの機能の中には、利便性を向させる有益性がありながら、意外と知っている人が少ないものあります。中でも、フェイスブックをより良く活用しやすくなる便利機能として3つを挙げられるでしょう。

1つ目は、利用環境を整える機能です。例えば、消してしまった記事の復活や、広告の削除、より多くの人に記事を見てもらえる投稿タイミングの調査等、フェイスブックをより上手く使える機能があります。

消してしまった記事を復活させるには、設定ページで「Facebookデータをダウンロード」を選択しましょう。次に、アーカイブを開始ボタンを押します。最後に、パスワード入力を済ませて送信ボタンを押しましょう。これで、消してしまった記事のデータへのリンクを辿れるメッセージが送られてきます。

広告を削除するには、いいね!の隣にある「下矢印ボタン」を押しましょう。メニューが表示されますので、一番上にある「広告を表示しない」を選択すれば、該当する広告を非表示にできます。

より多くの人に記事を見てもらいたい時は、ページの上にある「インサイト」を押し、更に「投稿」を押します。こうすると、「ファンがオンラインの時間帯」セクションを閲覧できます。このデータは自分の記事にいいね!をつけてくれたユーザーが、フェイスブックを使う時間帯だけでなく、曜日もチェックできます。データを上手く活用すると、多くの方に記事を見てくれそうなタイミングで記事を投稿できるでしょう。

2つ目は、ユーザー間の交流に役立つ機能です。例えば、いいね!アイコンの少し変わった使い方があります。フェイスブックでは閲覧した記事を見て、特に素晴らしいと思った時に、いいね!ボタンを長く押し続けてみましょう。こうすると、いいね!アイコンが大きくなり、投稿者により大きな感銘を受けた事を伝えられます。

また、気になるユーザーに反応してほしいときは、Pokeをしてみましょう。ホーム画面の「アプリ」から「Poke」を選ぶと、Pokeができる候補がリストアップされます。Pokeしたい人を選べば、相手には誰からPokeがあったかが通知されるでしょう。親しい仲間の間で少し挨拶をしたい時はもちろん、「友達の友達」にコンタクトを取るきっかけとしても利用できます。

3つ目は、フェイスブックメッセンジャーの活用法です。メッセンジャーの機能はチャットだけではなく、無料電話やフェイスタイムのようなビデオ通話としても使用できます。もちろん、お互いが電話番号を通知していなくても、フェイスブックユーザー同士であれば電話や通話が可能です。チャット用のソフトとしての認識や評価が多いものですが、2015年の追加で、より便利なアプリとして活用できるようになっています。

これらの様なフェイスブックの便利な機能を活用すれば、プライベートやビジネスでの利用をより良くしていく事ができるでしょう。こうした機能はフェイスブックの技術発展に伴って随時追加されていきますので、活用できるものがないか時々チェックをしておくと良いものです。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ