スポンサーリンク

 

 

フェイスブックの利用をしていたけど、退会したくなったらどうしたらよいのでしょう。どこかに連絡しなくてはいけない、解除申請をしなくてはいけないということではなく、アカウントの解除をホーム画面から行うだけで退会できます。フェイスブックのアカウント利用はメールアドレスがあればよいですが、退会してアカウントの解除をしてもメールアカウントが残っていれば復活することもできるので、一度利用をやめて退会したけれど、やっぱりもう一度始めたいというときはアカウントの復活もできるのでとても便利です。

フェイスブックの退会でアカウントの解除を行う方法は、ログインしたページのセキュリティ設定から操作を行っていきます。アカウントの解除ページで、退会する理由を選択する必要がある画面に遷移します。その画面には理由がいくつか並んでいて、ラジオボタンから理由を選択します。その中に一度解除するが利用を再開する予定という項目があるので、復活したいと思っている、もしくはもしかしたら復活するかもという可能性がある場合はこの理由を選択します。

その場合、メールアドレスは現在のアカウントのアドレスが必要になり、復活の際に使用できるメールアドレスでなくてはいけません。受信できるメールアドレスであれば良いということになります。退会方法は非常に簡単で、その他理由に該当する項目を選択してアカウント解除をします。また、何日間だけ停止するということもできるので、気軽に停止ができます。

プライバシーが公開されるのに懸念がある、もう利用をしないというのであれば削除をすることもできます。完全に削除をしたい場合はフェイスブックに削除依頼をする必要があります。退会と削除は若干の違いがあります。この点は注意が必要で、削除はそのアカウントを利用することは二度とできません。

スポンサーリンク

 

 

フェイスブックの利用をして交流を深めるのは今の時代では当然のように行われています。アカウントが知られてしまうとプライベートな情報を他人に公開してしまうので、注意も必要ですが、こうしたアカウントの管理も重要です。フェイスブックの利用をしていたけど、退会したくなったらどうしたらよいのでしょう。どこかに連絡しなくてはいけない、解除申請をしなくてはいけないということではなく、アカウントの解除をホーム画面から行うだけで退会できます。フェイスブックのアカウント利用はメールアドレスがあればよいですが、退会してアカウントの解除をしてもメールアカウントが残っていれば復活することもできるので、一度利用をやめて退会したけれど、やっぱりもう一度始めたいというときはアカウントの復活もできるのでとても便利です。

フェイスブックの退会でアカウントの解除を行う方法は、ログインしたページのセキュリティ設定から操作を行っていきます。アカウントの解除ページで、退会する理由を選択する必要がある画面に遷移します。その画面には理由がいくつか並んでいて、ラジオボタンから理由を選択します。その中に一度解除するが利用を再開する予定という項目があるので、復活したいと思っている、もしくはもしかしたら復活するかもという可能性がある場合はこの理由を選択します。

その場合、メールアドレスは現在のアカウントのアドレスが必要になり、復活の際に使用できるメールアドレスでなくてはいけません。受信できるメールアドレスであれば良いということになります。退会方法は非常に簡単で、その他理由に該当する項目を選択してアカウント解除をします。また、何日間だけ停止するということもできるので、気軽に停止ができます。

フェイスブックの利用をして交流を深めるのは今の時代では当然のように行われています。アカウントが知られてしまうとプライベートな情報を他人に公開してしまうので、注意も必要ですが、こうしたアカウントの管理も重要です。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ