スポンサーリンク

 

 

インターネットが苦手な方でも、簡単に始められるツィッター。
日常の出来事をつぶやくことしか使い方がないと思っている方も多いのではないでしょうか。
個人でお店を経営しているような自営業の方はぜひともツィッターを活用していただきたいです。
広告費用なしで広告と同じような役割がツィッターで出来るのです。

 

ビジネスとしての活用方法としては、お店の名前でアカウントを作り、ホームページなどのURLを貼り付けてしまえば、お店の広告となんら変わりません。
ツィッターには写真を載せることが出来るので、飲食店の場合、今日のオススメランチの写真を掲載すれば、写真を見た人が食べに来る可能性が上がります。簡単に、多くの人にオススメ商品を見てもらうことが出来ます。
フォローしてくれた方は割引します、というように、フォロワーを増やしていき、お得な情報をツィッターでつぶやく。
そうすることでお店の名前は口コミで広まっていくのです。

スポンサーリンク

 

 

いまやインターネットは年齢性別に関わらず、多くの人間が使っています。
日本国内だけではなく、海外の人たちからも見られる可能性があるのです。

費用をかけずに簡単に情報を発信することが出来る、という大きな利点はありますが、少しでもおかしなことをつぶやくと大炎上してしまう危険性も頭の隅においておく必要があります。
顔が見えないインターネットの世界では、何をやってもいいと思っている人間も一部存在しますので、個人としてではなく、ビジネス目的でツィッターを活用する場合、会社の名前を背負ってツィッターを利用しているということを常に自覚して利用してください。

 

スマホやパソコンから、簡単に情報を発信することができ、簡単に情報を更新することが可能なビジネスツールとして、様々な活用の可能性があるツィッター。
もし利用していないのならば、ぜひ試してみてください。

2014年の段階で、国内のツィッター利用者は約2000万というデータがあります。
これだけ多くの人間に、無料で情報を発信することができるのですから、使わないと損なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ