スポンサーリンク

 

 

スマートフォンのアプリであるラインには自分が送った相手が読んだことを確認する機能があります。

 

この既読の確認機能は非常に便利なものです。メッセージを送信した人は、相手が読んだことが分かるので、とても安心できます。特に、大切なデータを送ったときに読んでもらえたかどうかが分からないと、不安になってしまいますよね。既読機能があることで、そのような心配をする必要がなくなるのです。しかし、良いことばかりではありません。

 

それはメッセージを受け取った側に過剰なプレッシャーを与えてしまうことがあるということです。送られてきたメッセージを読んだときに、送信した人に既読であることが伝わってしまうので、返信しなければならないような気持ちになってしまうのです。メッセージを見て、すぐに返信したいと思ったとしても、返信する時間がないこともあるでしょう。

 

しかし、そのような事情はメッセージの送信者には伝わりません。単純に返信せずに無視をしていると思われてしまうこともあるのです。
そこで、よく使われるのは既読スルーという方法です。既読スルーの方法は一つでありません。

スポンサーリンク

 

 

最も簡単なのはラインを起動せずに確認する方法です。iphoneであれば、通知センターを見てみると良いでしょう。そこでメッセージを確認するだけであれば、既読であることは送信者には伝わりません。この方法は、ラインの既読スルーの中で最もシンプルなテクニックです。誰でも簡単にできますが、一つだけ注意が必要です。

 

メッセージが長文であると、後半は読めないことが多いです。

 

また、もう一つシンプルな方法があります。それはホーム画面で確認する方法です。メッセージが届いたときに、ホームに通知がでるように設定しておくのです。そうしておけば、メッセージが着信すると表示されるので、すぐにわかります。ただし、ラインを起動しないように注意する必要があります。また、ホーム画面ではなく、ロック画面で確認する方法もあります。

 

メッセージのごく一部しか読めませんが、既読であることを知られる心配はありません。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ