スポンサーリンク

 

 

姫路城の特徴は、空に向かって立つ美しい天守閣であると言えるでしょう。天守閣の白い壁は太陽の光を受けて、よりいっそう白く輝きます。そのため白鷺城と言う別名も持っているのです。

姫路城は江戸時代の初めに多くの費用を投資して建てられた建築物です。

当時の日本に存在していた最先端の建築技術が利用されています。

関ヶ原の戦いの次の年に10年近い歳月をかけて建築されました。

千人以上の人が建築に関わったと言われています。
建築前はそこには既に古い城が立っていたのですが、それを取り除き、新しく姫路城を建てたのです。

姫路城は世界遺産にも登録されている非常に由緒ある城です。

日本の建築物の中では最も早く世界遺産に登録されました。また、国宝にも指定されていますが。

それにはいくつかの理由があります。その中でも最も大きいのは、やはり内部構造の巧みさであるといえます。

当時の建築物は比較的単純な構造のものが多かったです。

スポンサーリンク

 

 

しかし、姫路城に用いられている建築技術当時の技術水準をはるかに超えていたのです。

そのため、重要な文化的資産であると考えられていまうす。

木造の城の中では、建築に使用されている材料と技術は最高レベルであると言われています。

また、技術が巧みなだけでなく、美しさを兼ね備えていることが世界遺産に登録された大きな理由であると言えます。

また、城が本来持つ外敵からの防御機能においても非常に秀でています。
築城の当時から、姫路城は攻め落とすのが非常に困難であると言われていました。

人間工学に基づいて計算されたとも言われており、非常に複雑な経路を辿らなければ城内に侵入できないのが大きな特徴であると言えるでしょう。城の内部にはいろいろな工夫がなされており、他の城とは違った趣があります。

近年、城の至る所が劣化してきたこともあり、大規模な改修工事が行われました。

その結果、外壁は築城当時の白さを取り戻し、非常に美しい外観になりました。

姫路城ではいくつかの道順で観光を楽しめます。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ