スポンサーリンク

 

 

双子座の由来は、夜空に輝く二つの星座、カストルとポルックスからなる星座にまつわる話をもとにしています。
この星の名前になっているカストルとポルックスは、双子の兄弟でした。
母親は絶世の美女と伝えられている、スパルタ王妃レダです。

しかし、それぞれの父親は、双子の兄弟であるのに異なります。
兄であるカストルの父は、レダの夫であるスパルタ王、弟であるポルックスの父はギリシア神話の主神、全知全能の存在であるゼウスであったのです。
レダのあまりの美しさに一目惚れしたゼウスが、夫のある身であるにも関わらず、レダと思いを遂げたために起こった出来事でした。
ふたりの兄弟はとても仲が良く、カストルは馬術に優れ、ポルックスは拳闘を極めて、協力し合って戦場で名を馳せていきました。

スポンサーリンク

 

 

しかしある時、もう一組の双子の兄弟イダスとリュンケウスと戦うことになり、人間の父を持つカストルは命を落としてしまいます。
弟であるポルックスは主神ゼウスの血をひくため、どんなに争っても死ぬことはありませんでした。
ポルックスは、兄カストルの死をどうしても受け入れられず、父である主神ゼウスに自分を死なせて、兄のもとへと行かせてくれと頼みます。
ゼウスは神である自分のところへ来るように説得しますが、ポルックスの決意は変わらず、ついにゼウスもその思いに心を打たれ、ポルックスを望み通り兄のもとへと行かせてあげます。
その場所こそが、双子座の由来となった、夜空に輝くカストルとポルックスという星座であるのです。
夜空の双子座は、兄のカストルが二等星、弟のポルックスが一等星です。

やはり、神の血をひくポルックスの方がその輝きは強いのですが、夜空に現れるのは必ず西側にある兄のカストルからなのです。

まさに、馬術に優れた兄が先を行き、拳闘を得意とする弟が兄を助ける姿そのものと言えます。

二人は今でも、兄弟としてお互いを支え合いながら、夜空から双子座に由来する運命を持つ皆を見守っているのです。
星座の中で、ただひとつ二人の力をあわせ持っている双子座は、どんな困難にも立ち向かえる唯一無二の力を持った星座であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ