スポンサーリンク

 

 

冬の花火大会で断然お勧めなのが、岐阜県の下呂温泉です。
その名も、「下呂温泉花火ミュージカル冬公演」です。
花火と音楽のコラボレーション。

下呂温泉の川沿いでの花火ですので、川沿いのホテルですと部屋からの観覧もできます。
しかし、冬の寒さを感じながら、屋外で見るのをお勧めします。
この花火大会は、花火+音楽です。

ですから、ホテルの部屋よりも屋外のほうが音楽も楽しむことができます。
この花火大会は12月上旬ですが、この時期の岐阜県下呂温泉は、ピーンと張り詰めた寒さが特徴です。
この寒さの中の花火を見るのは、暖かいホテルの部屋ではなく寒い屋外がきっと楽しめます。
寒さと花火の両方を感じること。

せっかくの奥飛騨旅行なのですから、その奥飛騨の寒さを感じることも楽しみの一つです。
厳寒の中、寒さに震えながら見るのは、季節はずれの冬の花火。
寒さに震えながらみた花火は、きっと記憶よりも身体が記憶してくれます。
ふと思い出したときに、頭の記憶よりも身体が震えた記憶が蘇ると思います。
震えながらみた、下呂温泉の幻想的な川沿いの冬の花火。
きっと、身体が記憶してくれます。

それほど、強烈な花火大会です。

スポンサーリンク

 

 

関西や西日本にはない、強烈な記憶が残ります、厳寒の寒さとともに。
東日本でも冬花火は行われていますが、岐阜県の下呂温泉には特殊な特徴があります。
それは、冬の時期の岐阜県下呂温泉の晴天点率はピカイチです。
岐阜県の奥飛騨地方のスキー場が人気なのは雪質が良いだけではありません。
この時期の、奥飛騨の晴天率が影響しています。

日本海からの寒気の流れ込みがあっても、長野県の飛騨山脈でブロックされて岐阜県側では晴れのことが多くなります。
そのような理由から、冬の奥飛騨は晴れの日が極めて高いのです。
当然、晴れると放射冷却で氷点下は当たり前です。
そのような、厳しい寒さ。
にもかかわらず、晴天。

これは、まさに花火日和です。
そのような、絶好のロケーションで行われる厳寒の花火は、一生の中で最高の自分・恋人・家族へのプレゼントにふさわしいと言っても良いくらいのものになります。
一度見ると、一生の思い出になります。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ