スポンサーリンク

 

 

人生の中で誰かに花をあげたいと思うのは、どんな時でしょうか。まず最初に思い浮かべるのは、やはり好きな人に思いを伝える時ではないでしょうか。

愛の告白だったり、プロポーズだったり、ロマンチックなシーンを思い浮かべますよね。女性なら男性から花をもらって喜ばない人はいないはすです。誰もが憧れるシーンです。

花にはそれぞれ花言葉というものがあります。花言葉を知っていれば、そこに思いを込めることができます。特に女性は、花をもらうとその花言葉を思い浮かべたり、調べたりするものです。(ここでは、好きな人に思いを伝える花、花言葉という事で、バラ、カーネーション、チューリップ、カトレア、ライラック、フリージア、マーガレット、葵、の花言葉を紹介します。)

まず、好きな人にあげる花の代表と言えば、バラですよね。誰もが愛の告白といえば、バラを思い浮かべるはずです。赤いバラには、「情熱」や「あなたを愛する」という花言葉があります。

また、プロポーズの時に108本の赤いバラを贈るということをご存じでしょうか。これは、「結婚してください」という意味があるのです。

スポンサーリンク

 

 

カーネーションも思いを伝える花としてよく知られています。赤いカーネーションは母の日に贈る花として有名ですが、ピンク色は「熱愛」を表します。カーネーションなら優しい雰囲気で思いを伝えることができるでしょう。

またチューリップも好きな人に贈るにはぴったりです。赤いチューリップは「愛の告白」、ピンクは「恋の告白」「愛の芽生え」という花言葉を持っています。バラよりも可愛らしい印象のチューリップを贈る方の雰囲気に合わせてみてはいかがでしょう。

その他に、ランの女王とも呼ばれるカトレアには「成熟した大人の魅力」、紫のライラックには「恋の芽生え」、フリージアには「親愛の情」「純潔」、マーガレットには「真実の愛」「信頼」、葵には「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」「大望」という花言葉があり、相手の方の雰囲気や年齢などに合わせて選ぶことができます。

好きな人に思いを伝えるのは、男性から女性ばかりではありません。女性から男性に伝えることもあります。男性に花をあげる場合には、花束ではなく、すぐにそのまま飾ることができる器付きのものが良いでしょう。

人生の中でも、思いを伝えるという大切なシーンで贈る花です。花言葉に思いを託せば、きっとお相手に伝わることでしょう。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ