スポンサーリンク

 

 

東名高速道路は全長が346kmあります。東京都世田谷区にある東京ICUから川崎市、横浜市等の神奈川県を通り静岡市を抜けて愛知県小牧市にある小牧IC迄の区間です。

東名高速道路は昔は交通量が多く10km以上になる渋滞が年間で227回発生していると言われていましたが一年ほど前に新東名高速が開通されてからは激減し、直近一年間では10kmを越える渋滞が一回だけだそうなんです。

交通量が多かったせいもあり休憩施設も充実していきました。休憩施設にはPAと呼ばれるパーキングエリアとSAと呼ばれるサービスエリアがあります。PAは大体15km毎に設置されトイレや自販機等があります。

SAは大体50km毎に設置されPAの施設にフードコートやレストラン等を足したものです。全てのSAに24時間営業のガソリンスタンドが設置されているのも特徴です。

東名高速道路にも人気があるSAがあり目的地へ行くまでの休憩施設だったSAですが今はSAをレジャーの目的地とする人もいるほどです。

スポンサーリンク

 

 

東名高速道路で一番人気は海老名SAです。

上下線を合わせると1日に6万人が利用すると言われています。国内最大の店舗数を誇り500以上もある駐車場は満車になることも多いほどです。

上りで人気なのは箱根ベーカリーで1日に5000個売れるといわれてるスペシャルメロンパン、エビフライのインパクトがすごい海老名カレーパンもはずせません。

東西逸品こみちの安納芋すいーとぽてとは種子島のさつまいもが使われています。特徴は限定であるということ。海老名SA限定でここでしか買えません。

下りのお薦めはポルトガルのメロンパンです。メディアでも取り上げられているので知っている方も多いかも知れませんが一度は味わってもらいたい一品です。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ