スポンサーリンク

 

 

ETC搭載車は、ちょっと工夫した高速道路の利用方法を心がけると、料金割引の適用を受けることが出来てとてもお得です。
特に適用範囲が広く、利用しやすいのが深夜割引です。

NEXCO3社の管理する全国の高速道路、および宮城県道路公社の管理する仙台松島道路で実施されています。休日割引や朝夕割引など他の料金割引制度とは異なり都市部の路線も対象になっていて、利用回数や距離などの制限もありません。

この割引制度の利用方法はとても簡単で、0時から4時の間にこれら高速道路の有料区間上をETC搭載車で一瞬でも走行していれば自動的に通行料金が一律3割引となります。事前の手続きなどは特に必要ありません。

但し、この割引制度の対象道路であっても、料金方式が異なる道路を通過するとそこで時間計算がリセットされるので、複数の道路にまたがって走行する場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

 

 

例えば東京外環自動車道は距離別料金方式を採る他の高速道路とは異なり均一料金方式を採用しているため、通行料金は他の道路と一括徴収するのではなくジャンクションで個別に徴収しています。

料金後払いのETCでも、ここで個別に料金が確定するということは同じです。

したがって、もし東京外環自動車道を深夜割引の対象時間内に走行していても、他の高速道路へのジャンクションを通過した時にはすでに割引対象時間ではなかったという場合は、深夜割引は東京外環自動車道の通行料金のみにしか適用されなくなります。

逆に他の道路から均一料金方式の道路へ流入した場合も同じです。

さらに、途中に無料区間がある場合も同じように計算がリセットされますので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ