スポンサーリンク

 

 

お金に関する悩みは多くの人が持っているところだと思います。自分が年を取ったとき、例えば会社勤めを終えた時に、どのくらいの貯蓄があれば良いのかという話題は尽きることがありません。

 

テレビでも書籍でもそういった話題に対する情報は巷に溢れ、実際何が良いのか迷うのが現実です。少し前から自分の資産は自分で築くという風潮がありNISAがそれを後押ししているのは疑う余地がありませんが、運用となると少しハードルが高く資産が目減りすることも可能性としてあるため躊躇する人も多いと思われます。

そういう中で資産を守る方法としては、やはり郵便局が最適と言えます。

 

郵便局であれば破たんする可能性も低いですし資産を預ける先としては安心です。定期預金であれば普通預金よりも利率が良いですし、定期預金でも自動積立といって窓口に行かなくても毎月、指定月に自動的・定期的に預入することができるものもあります。

スポンサーリンク

 

 

これであれば1000円以上1000円単位から設定できるため手軽に行えます。3年未満は単利ですが3年以上預けると半年複利となるため、取り急ぎのお金が必要でない方は郵便局の定期預金に預けることで、通常よりも利息が大きいというメリットがあります。

 

一般の銀行では最近、人件費や設備投資費の削減などの理由もあってインターネットバンキングが増え、利息がいいことを謡っている案内が多いですが通帳がないことが多く、ネット犯罪が増えていることからもセキュリティの面で実店舗よりも心配ではないかと感じている人は、特に年配の方を中心に多いと思われます。

郵便局であれば日本全国どこでもあり、基本的には手数料無料でいつでも引き出すことができ利便性という意味でも非常に優れていると言えます。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ