スポンサーリンク

 

 

図書館というと本を借りるところだけと思っていませんか?最近は本だけでなくCDやDVDを借りることができる施設も増えており、視聴できるプレーヤーも備えている所もあります。近くの施設に映画のDVDがあれば、図書館が映画館に早変わりですね。中には昔のVHSやレーザーディスクを置いているところもあり、ネットでいくら探しても手に入らないと思っていた昔の映画が近くの図書館で見つかったなんてケースもあります。

最近増えつつある図書館での視聴は、本同様に無料で利用可能。オンライン予約に対応している施設も多いです。一方で一般的なレンタルショップに比べると制約が多いのも事実です。当然ながら自宅から持ってきたものを持ち込んで見ることはできません。施設によっては「利用は30分まで」「1人1日1点まで」と書いてあるところもあります。図書館は多くの人が利用しますので、なるべく多くの人が利用できるように配慮されているという点を頭に入れておきましょう。

中でも重要なのは「視聴はできても貸出はできない」ということもあるということです。成約は多いですが、
自治体によっては映像媒体そのものを置いていないところもありますので、まずはホームページなどでDVDがあるのか・プレーヤーが何台あるのかを確認しておきましょう。そしてプレーヤーがちゃんと動いているのかという点もチェック。せっかく良いタイトルがあってもプレーヤーが故障していれば見ることができません。もし故障していればその情報も公開されていますので、その辺りの確認も怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ