スポンサーリンク

 

 

図書館というと、利用されるほとんどの方が、本を借りたり、DVDを見たり、CDを借りたりする施設だと感じているようです。
確かにその通りなのですが、図書館のサービスは利用方法によって、利用される方の可能性が拡がる場である事を知っていただけると、さらに図書館ライフが楽しめるのではないでしょうか。

学校に通っていた時から、もっぱら本を借りて来た方には、物を借りる施設という意見が多いようです。
ですが、今は情報を得る為にパソコンや携帯電話で様々な事を検索したり出来ます。あるいはレンタルショップでDVDやCD、マンガを借りたりも出来ます。その結果、本を借りに来る機会が減っていたりする方も見えるかもしれません。
ですが、そんな時代だからこそ、図書館でのサービスがより発揮される事を強調しておこうと思います。

例えば、山登りがしたい年配の方が居たとします。そんな方はサービスカウンターで「山登りがしたいので、そうした本を探して欲しい」と仰って下されば、利用される方のご要望に合わせて、それに合った本を探して来ます。
パソコンなどによるネットの知識も、それはそれで役に立つと思われますが、図書であれば手に取ってすぐに見る事が出来ますから、利用される方の要望にそった部分があるのではないでしょうか。

図書館のサービスの利点は、そこに人間が居るという事です。つまり、検索しながら、あなたはスタッフに要望を伝えて行く事が可能です。機械にはないきめ細かさが、人間にはあります。
それをぜひ、あなた自身で図書館に足を運んで、それを実感していただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ